恋人たち (フィリップ・ホセ・ファーマー著:ハヤカワ文庫SF)

 「階層宇宙」や「リヴァーワールド」シリーズなど奇想天外な世界での冒険SFで有名な作家フィリップ・ホセ・ファーマー(1918--2009)の、1953年に発表された事実上のデヴュー作です。piaaさんのレヴューで興味を持ち、図書館で借りて読んでみました。それまでの米SFのタブーを打ち破った「セックスをテーマにしたSF作品」と紹介される事が多いようですが、少なくとも現在の感覚から言うと特にエロチックな描写はなく、ただ異星人の人類とは全く異なる性のあり方とその進化を描いている作品です。日本語で「セックス」というと「性」よりも「性行為」の方を指すのが普通なので、「性をテーマとした」という方が適切と思われます。巻末の訳者(伊藤典夫氏)による解説にある「1940年前後に氾濫したバルブ雑誌の多くは、きまりきって裸女と怪物の表紙で読者を釣っていたが、その中身は生殖器などありそうもない男女が右往左往するだけ」という表現には笑ってしまいましたが、指摘されてみると確かにその通りです。「火星のプリンセス」でのデジャー・ソリスに迫る邪悪な緑色人を始めとする半裸の美女を襲う宇宙怪物たちの目的が一体何なのか、全く異なる種族の間に性交渉が存在し得るのか疑問ですが、性のタブーのためこの時代のSF作中には何も書かれていません。確かアーサー・C・クラークの皮肉にあったように、「ベム虐待防止協会が、ベムたちがやろうとしている事をヒーローが妨害するのをやめさせてほしい」というのもごもっともです。
 実のところ、読み始めて途中まで特に地球での場面では、ジグメンの戒律に支配されたヘイジャック社会の描写が、意味不明の単語が所々に混じっていて全体としての意味が掴みづらい文章を読んでいる感じで、正直退屈に感じました。解説を読む限り、どうやらこのジグメンを創始者とする宗教はユダヤ教の戯画のようですが、そうなるとむしろ対立国家のイスラエル共和国の国教にふさわしいのでは。確かにオザゲンの知的種族を全滅させて自分たちが植民するのが当然と疑いもしないその選民振りは、いかにもという感じですが。
 昆虫から進化した種族ヴォグしかいないはずの惑星オザゲンにおいて主人公ハル・ヤロウの前に現れた美しい女性ジャネットの正体と目的が、作品の一番の主題です。比較的最近までオザゲンには人類と酷似した種族が生存していたとは言え、展開的に彼女の正体はその種族ではないだろうとは想像できましたが、心理学で人類に勝るヴォグがヤロウに見せた完全な幻あるいは昆虫の姿の偽装という私の想像は外れでした。オザゲンの人類種族に片利共生しながら共進化し、姿かたちまで人類の美女そっくりになった昆虫種族(ラリサ)とはなかなか思い切った設定で、そのユニークな生殖方法こそが彼女の行動を説明しています。片利共生と書きましたが、ラリサは非常に長寿で長年に渡って人類集団のリーダーと共に暮らしているという事から、その記憶と知恵が人類側の利益になっている可能性も十分にありそうで、そうなると相利共生なのかもしれません。
 ヤロウのどっちつかずの行動やジャネットへの偉そうな言動にはイライラさせられましたが、生まれたときから偏った価値観の下で育ってきた人間にとっては、いくら道義的に正しくてもそれに反する行動を行う事が心理的に難しいはずですし、さらに単に「祖国」」や「体制」に反旗を翻すだけでなく「人類」に背を向ける決断である事を考えれば、実際に上司を殺し、最後にはオザゲン側に立つという決断をするまでのもたつき振りもむしろ当然と言えるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク