FC2ブログ

パラークシの記憶 (マイクル・コーニイ著:河出文庫)

 先日紹介した「ハローサマー、グッドバイ」の続編、あるいは前作で残っていた様々な疑問に対する解決編です。
 物語の舞台は「ハローサマー、グッドバイ」の惑星で、前作から恐らく数千年後、主星と巨大惑星ラックスとによる惑星の取り合い周期のちょうど1サイクル後の年に、主人公の少年と一族の長であるその叔父との対立を描きながら、再び訪れようとしている40年の「大凍結」への対処がより大きなテーマとなっています。もちろん、惑星の特殊な天文学的条件は前作に引き続き大きなポイントですが、一方で前作とは二つの大きな設定の違いがあります。
 一つは、主人公たちの種族には自らの先祖の記憶を遺伝的に保持する能力があるという、前作ではまったくなかった設定です。正確に言うと、男性は自分の父親が自分を受精させるまでの記憶をそのさらに祖先の記憶も含めて引き継ぎ、同様に女性は自分の母親が自分を妊娠するまでの記憶を引き継いでいます。この設定によって、自分の生まれる前の過去に起こった出来事も祖先の視点から正確に思い出す事ができ、その結果現在直面した出来事に対して祖先がどのように対処したのかを倣う事ができます。そのため種族の社会的風習は非常に安定的に保持される一方で、新しい発想はほぼ生まれない非常に保守的な社会となっています。恐らくその理由で科学技術レベルは前作の世界よりもかなり退化していて、内燃機関による自動車は非常な貴重品であり、内陸と海辺との集落とはほぼ分断され交流がほとんどない状態です。また、遠い昔になればなるほどその記憶を想起するのは困難になるため、前作の主人公だったドローヴとブラウンアイズは遥か昔の危機を救った伝説の恋人としてのみ記憶され、彼らの具体的な行動はほとんど知られていません。
 もう一つの違いは、地球とは異なるこの惑星にすでに地球人が到達していて、原住民と一定の交流がある点です。この世界における二大宇宙航行種族の一方である地球人は鉱物資源を採掘するために数世代前からこの惑星に少人数ながら駐屯しており、原住民への限定的な物資・技術援助も行っています。ただ両者の関係は必ずしも良好ではないようです。もし「ブロントメク!」と共通の世界での作品であるなら、駐在しているのはヘザリントン機関の代表者なのかもしれません。また、地球人の科学技術レベルは原住民よりはるかに高いもののこの惑星に関する知識は限定的であり、主星・ラックスによる惑星の取り合いという数千年周期の現象に関しては、物語開始時点では気が付いていないようです。
 さて、物語の結末はある意味前作の繰り返しとなるのですが、それに伴い前作で残されていたいくつかの疑問点が解消されています。そしてその説明因子となるのが、物語自体には直接登場しないもう一つの宇宙航行種族である「キキホワホワ」です。超光速飛行を実現している地球人に対して亜光速で宇宙を移動しているキキホワホワですが、地球より技術レベルが劣るわけではなく、少なくとも生物工学の分野では地球の水準をはるかに凌駕しています。前作においてドローヴたちがどうやって大凍結を生き延びたかはかなり唐突なラスト一文のみで暗示されており、どのように「ロリンに救われた」かは読者の想像に委ねられているのですが、本作では生存者はロリンたちによって地下の洞窟に運ばれて40年間冬眠し、大凍結が終わった後に目を覚まして地上に戻った事が明らかにされています。その冬眠を可能にするのはこの惑星の特殊な生態系であり、実はロリンを含めて大凍結を生き延びるための生態系はすべて、キキホワホワによって用意されたものでした。さらにこの惑星の人間自体が実はキキホワホワによる遺伝子工学の産物であり、恐らく地球人の遺伝子から人為的に作られたものである事が示唆されています。キキホワホワがなぜこの惑星にこのような生態系を用意したのかを含め、以上の説明は唯一主人公たちと親しい地球人であるMr.マクニールによる仮説なので真実そのものかは不明ですが、恐らくこれが正解なのでしょう。つまり、この惑星の生物圏は自然進化したものではなく人為的に用意されたものであり、「インテリジェント・デザイン」なのです。
 それを前提としてこの連作を考えると、他にも様々な疑問点が解消される事が判ります。まず、「ハローサマー・グッドバイ」でのエルト首脳部は、これまでも惑星には文明が何度も起こってきたが大凍結のたびに崩壊して一から再建されていたと主張していましたが、そもそもそれが誤解であった可能性が高いです。つまりこの惑星の生態系がキキホワホワによって作られたのが「ハローサマー・グッドバイ」におけるサイクルの初めの頃であり、その直前の大凍結以前には文明どころかそもそも惑星の生物圏自体が存在しなかったのではないでしょうか?実はこの惑星にはもともと生命が居なかったという別の証拠があります。それは、彼らの内燃機関が植物由来のアルコールを燃料としており、どうやら石油・石炭といった化石燃料が惑星に存在しない点です。さらに言うと、明らかに主人公たちの種族と類縁がありそうな姿であるロリンについて、「共通の祖先から進化した」という考えが彼らの頭に浮かばなかった、つまり進化論が存在しない点も、この惑星の生物圏の歴史が極めて短い事を示唆しているように思います。また、「ハローサマー・グッドバイ」では「記憶の遺伝」が存在しなかったのも、冬眠を経る事によって始めてその能力が発現するように遺伝的に作られていたと考えればつじつまが合います。
 さらに言うと、主星・ラックスによる惑星の取り合いというサイクル自体がキキホワホワによって人為的に維持されている可能性すらあり得ます。自由浮遊惑星系だったラックスが他の恒星の軌道に入る過程自体は、例えばその際に元々あった惑星を太陽系外に弾き飛ばすといった運動量を持ち去る要素があれば天体力学的に想定可能なのですが、惑星の取り合いを継続的に行うというのは考えにくいのです。もちろん、もしその過程自体がキキホワホワによるものだとすると、彼らは地球人とは同レベルではなくそれをはるかに上回る超文明である事になります。ラリイ・ニーヴンの「ノウンスペースシリーズ」に登場するアウトサイダー種族のような、その行動目的自体が他の種族の理解の及ばない種族の例があるので、全く無理な想定とは言えないのではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク