FC2ブログ

オレンジ党、最後の歌 (天沢退二郎 著:復刊ドットコム)

 オレンジ党シリーズの最終巻で、三部作が書かれた1980年代からかなり時代を経た2011年に出版されています。この「一旦は完結していると思われていた三部作に、ずっと後に四作目が書かれる」というのは、ル=グィンの「アースシー三部作」と全く同じ経緯で、偶然とは思えない何かを感じます。そしてまた、東日本大震災とそれによる原発事故の影響が明らかにみられるこの作品は、かなり癖があるオレンジ党シリーズの中でも最も政治的主張が強く感じられる「問題作」であり、読者によって好き嫌いが相当に分かれるのではないでしょうか。少なくともはっきりと見えるのは、ここ十年程度の間に特に顕著になってきた日本における一連の政治的・社会的状況に対する著者の強い危機感です。
 「魔の沼」と同様に夢のシーンから始まる本作ですが、この夢を見ているのはルミではなく、「オレンジ党と黒い釜」の直後に遠くの施設に預けられて物語から一旦退場していた名和ゆきえです。彼女が六方小学校に戻ってきてオレンジ党が復活し、ルミたちと一緒に房総丘陵地帯での冒険で謎の勢力と対決する前半部分は、非常に大雑把にまとめれば「オレンジ党、海へ」までの三部作とほぼ同様の展開なのですが、中盤以降からはもっと不思議な展開になっていきます。「魔の沼」のラストで暗示されたようにルミの父親である鈴木先生は作者の分身であり、このオレンジ党の物語自体が鈴木先生の書いている児童文学作品であるという設定があったのですが、ここにきて鈴木先生が現在書いているあるいは書こうとしている内容と物語内の現実とが重なり合い、さらにそこにこれまでの「三つの魔法」や「緑衣隊」とは異なる「青い目の男たち」の勢力が絡んできます。この勢力は描写的に米国あるいは米軍を思わせるのですが、彼らが国内において公式政府を超える権力を持つらしいという設定あたりから、単なるファンタジー小説とはっきり異なる妙な「危ない」方向に話が進んでいき、ラストの大破滅で幕を閉じます。「オレンジ党、海へ」がすでに、主人公たちの(物語での)「現実世界」での死を意味しているようにも読めるものでしたが、本作は明示的に書かれている「鈴木先生の死」も含め、今度こそオレンジ党の終了をはっきりと示しています。
 あとがきによると、この作品は実際には2006-7年にすでに脱稿していたのが諸般の事情で出版が遅れていたとされています。しかしラストの大津波と放射能汚染による大破局の展開は2011年の東日本大震災以降に書かれた、少なくとも大幅に修正されたとしか思えません。(大地震による)大津波とそれと連動する放射能汚染自体が取り込まれている事は、もしこの想像が当たっているのなら当然なのですが、地震そのものが「青い目の男たち」によって引き起こされたと示唆する部分は、大震災後の「アメリカの地震兵器デマ」をどうしても思いださせてしまい、いくらファンタジー小説とは言ってもさすがに引いてしまいました。「光車よ、まわれ!」を始めとして、作者の一連の児童文学作品は私のお気に入りなのですが、正直なところ、このラストでは「これまでその言動に尊敬の念を抱いてきた有名人が、急に妄想じみた事を言い出した」といった感じの後味の悪さを覚えました。
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

私も「オレンジ党」好きです

x^2さん、初めまして。むしぱんといいます。Manukeさんのところから来ました。

私もオレンジ党シリーズが好きで、だいぶ前に4作目を買ったのですが、内容をすっかり忘れている前3部作を読み返さないとダメだなと思いながら、時間が取れずに積ん読状態でした。X^2さんも前3部作を読み返し始められたのは去年の1月ころからのようですが、私もちょうど去年の3月頃から読み返し始めました。何がきっかけで読みたくなったのか覚えていませんが、ちょうどそのころのニュースか何かが気になったりしたのでしょうか。X^2さんと読み返す時期が同じ頃だったのは何か共通な起因があったのだろうかなどとちょっと思ったものです。(ネットでそのころのニュースを検索しましたが、わかりませんでした。^_^)

私が天沢退二郎氏の本を初めて読んだのは35年前、大学の漫研の先輩が何故か急にこの本を持ってきて私に「これ面白いよ」と『光車よ、まわれ!』を貸してくれたのがきっかけでした。今にして思うと、なぜ急に私だけにこれを貸してくれたのかが不思議です。でも、ハマりました。その感想を先輩に言うと次は、『闇の中のオレンジ』とオレンジ党3部作を持ってきてくれたのです。

去年の3月頃から古本屋で買い揃えていた上記5冊や、『夢でない夢』『ネギ坊主畑の妖精たちの物語』なども追加でAmazonで買って読み(これらにもオレンジ党シリーズのエッセンスがありました)、そして最後に本書『オレンジ党、最後の歌』を去年5月に読み終えました。私は「アメリカの地震兵器デマ」のことを知らず、かつ「この物語は3.11前に書かれたのか。卓越した未来予測すごいな」くらいにしか思わなかったので、X^2さんの書かれている「妄想じみた・・」という感想にはいたりませんでしたが、そのような考え方もあることは大変参考になりました。

中島みゆきですが、氏の著書『<<中島みゆき>>を求めて』の前書きで、「自分で(小説に登場する人物に)命名しておきながらいうのもなんだけど<<中島みゆき>>とはなんて素敵な名前だろう」の主旨が書かれていて、TVで観た記憶が残っているというよりはやはり偶然の合致のようですね(退二郎氏自身がTVで観た記憶を忘れているかもしれず、X^2さんはそれをご指摘されているようでしたら、確かにその可能性もありです)。私も大学時代は中島みゆきにハマったので退二郎氏が褒めまくっているのは嬉しいです。

2007年にNHKで『電脳コイル』というアニメが放映され、少し未来の少年少女たちが電脳空間からの攻撃を、親たちには知られないように迎撃する話で、その中に「天沢勇子」というキーパーソンキャラがいて、「少年少女たちの闘い」「天沢」というキーワードから、オレンジ党シリーズへのオマージュではないかと、ネットで指摘・噂されました。でも放映終了後、該当のオフィシャル本を買ってスタッフたちのインタビューを読んでも、退二郎氏のことは触れられず、オマージュじゃなかったのかなとちょっと残念でした。

すみません。夢中になり長文になってしまいました。オレンジ党について文章を書くのは初めてで、思いのすべてを盛り込んでしまいました。オレンジ党の本編はもうでないかもしれませんが、外伝やスピンオフシリーズなど、退二郎氏に書いていただけるといいなと思います。それでは

No title

むしぱんさん、長文のコメントをありがとうございます。実はちょうど昨晩Manukeさんのところのフランケンシュタインのレヴューとそのコメントを読み返していたので、なんともすごい偶然です。書かれている事からすると、おそらく私自身と同年代の方と思います。今後もコメントを頂ければ、幸いです。

実は、子供時代以来の再読だったのは「光車よ、まわれ!」の方だけで、「オレンジ党」はこの一連の記事の時が初読みでした。多分私が「光車」を読んだ時点では、オレンジ党シリーズはまだ出版されていなかったと思います。

「オレンジ党」の周囲の大人の存在感が薄く子供たちだけで自由に生活しているかのような描写は、私たちの世代ではそこまで違和感なく受け入れられるのですが、いわば「放置子」状態ですよね。現在の子供世代だけではなく親世代であっても、それだけで反感を覚え、作品を受け入れられない人が一定数いるかもしれないなとは思います。

ところで、最終盤の展開に関して「妄想じみた」とややきつい表現をしましたが、もちろんこのオレンジ党シリーズ全体の評価は非常に高いものです。またおそらくお気づきとは思いますが、私自身も現在の政権に対する思いは、著者と近いものがあります。しかしながら、特に反体制的立場で文化人が発現する場合は、その根拠の真実性に関して非常な注意が必要であり、間違った根拠に基づく不用意な発言は体制やそのシンパの揚げ足取りを喰って非常なダメージを被るという事を再三見ているだけに、あえてきつい表現をしました。

中島みゆきに関しては、貴重な情報をありがとうございます。現時点ではまだ「中島みゆき論」を読んでいないのですが、機会を見つけて一度読んでみようと思います。

『電脳コイル』の名前は、「光車」のレビューをネット上で探したときに何回か目にしています。私自身はアニメを見ることはほとんどなく、それまで存在も全く知らなかったのですが、なるほどそういう作品だったんですね。
プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク