Dorctor Who #13

 前回の戦慄のラスト、地球へ向かう無数のダーレク艦隊のシーンから始まったこの回は、タイトル通りにドクター、ローズそしてジャックそれぞれの大きな転換点となり、しかもジャックと他の二人との運命の分かれ道となりました。
 予想以上に簡単にターディスでダーレク旗艦のブリッジに侵入したドクターですが、そこで彼を待っていたのは「ダーレクの皇帝」でした。実は前話でコントローラーが「マスター」という言葉を使っていたので、ドクターのライバルのもう一人のタイムロード「マスター」が真の黒幕なのでは、という想像をずっとしていたのですが、それは外れました。皇帝はほぼ単独で先のタイムウォーを逃げ延び、地球人を材料として密かに新たなダーレク軍団を再建していた、しかもその結果生まれた新ダーレクたちは人間の感情のうちの最悪の部分を持ち、さらに恐るべき種族に変っていたという事実を知り、ローズを救出してサテライト5に戻るターディスの中で絶望感に苛まれるドクターの姿が印象的です。
 サテライト5に戻ったドクターは、ステーションの設備を使って最終兵器「デルタウェーブ」発生装置を組み立てますが、必要なエネルギーを確保するには絶望的に時間が足らず、少しでも時間を稼ぐためにジャックは下の階に取り残された人々から義勇軍を募り、僅かな人数の放送スタッフらと共に、いずれステーションに侵入してくるダーレク軍を待ち伏せします。そんな最中、ドクターはローズを騙してターディスに閉じ込め、彼女の時代のロンドンへと送り返します。ターディスの中でドクターからの最後のメッセージを観て取り乱すローズ、いつの間にか彼にすっかり惚れ込んでいたんですね。しかしあのメッセージは何時頃から用意してあったんでしょうね。
 しかし、この後の展開にはやや首を傾げました。サテライト5に迫ったダーレク皇帝は、ドクターが使おうとしているデルタウェーブはダーレクのみならず全ての生命を滅ぼす事をステーション全体に暴露し、神たる自分に対してドクターこそ破壊者だと決めつけます。ジャックはそれを受け入れ、かまわずに作戦を続けるようにドクターに求めますが、他の人々はどう思ったでしょう。そして遂に乗り込んできたダーレクの前に、義勇軍は次々と殺されてゆきます。ジャックの呼びかけに応じて最後に義勇軍に加わった女性が、銃が全く役に立たないと知って「騙したわね」と叫んだ直後に殺されるシーンなどを見ると、この戦いはやはりドクターとジャックの独り善がりなのではと感じてしまいます。もちろん戦わなかった者たちも同様に殺されましたから、どちらでも同じ運命であり、それなら戦って死んでゆく方がまし、というメッセージが込められているのかもしれませんが、逆に戦争指導者の独善性を揶揄しているようにも見えます。
 一方で現代のロンドンに戻り、ミッキーと母のジャッキーに再会したローズですが、ドクターの事を想うと、居ても立っても居られない様子です。そのとき、街のそこら中に書かれている"Bad Wolf"という落書きに気づき、この言葉が自分へのメッセージである事を理解して、ターディスの魂(#11でスリジーンの生き残りマーガレットに姿を見せ、彼女の望みをかなえた)とコンタクトして再びサテライト5に戻ろうと決意します。初めは無駄な努力を止めるようにとローズに言っていたミッキーとジャッキーが、彼女の直向さに感化されて協力して願いを叶える、そして「魂」に憑依されたローズが絶体絶命のドクターを救うという展開は、サテライト5側の最後の防衛ラインで、密かに想っていた女性にその気持ちを告白する男性スタッフの姿と共に、「愛は世界を救う」的なやや安易とも思えるメッセージに見えてしまいます。これはむしろ、この手の安易なメッセージドラマを揶揄する英国流のパロディーなのでは、と考えてしまうのはひねくれ者でしょうか。
 憑依されたローズは死んだはずのジャックまでもよみがえらせましたが、これも本来はやってはいけない事ですね。これもまた、パロディーとしてみるべきかもしれません。それにしても彼以外の死者も生き返ったのでしょうか。ジャックに関しては、彼を主人公とするスピンオフシリーズがあるらしいので、そちらを観ればもっと多くの情報が得られそうです。
 極めつけはやはり、「死んでしまって別人に入れ替わる」主人公のドクターです。本人が「タイムロードお得意の誤魔化し」と認めるように、正に有り得ない展開な訳ですが、ヒーローものの「不死身の主人公」の意図的な揶揄としか思えません。とにかくこのシリーズは、自分自身を含め多くのドラマの無理な展開をデフォルメして笑い飛ばしている所があります。
 ターディスの魂とコンタクトするローズの姿は、どう見てもBabylon5のLytaとVorlonにそっくりでした。サテライト"5"という名前も含めて、この辺ははっきりとBabylon5のパロディーなのだと想います。しかし"Bad Wolf"に関しては、その言葉の意味を含め、結局良く解らなかったというのが実感です。「魂」= Bad Wolfらしいのですが、結局それはどういう意味なのでしょうか?

追記:この記事は、旧ブログ「Babylon5以外のメモ」のキャッシュからサルベージしたものです。(2010/04/24)
スポンサーサイト

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク