小惑星探査機に関する二つの話題

 旧ブログでも取り上げた、アメリカの小惑星(準惑星)探査機Dawnは順調に飛行を続けており、2月に火星スイングバイを終え、再び小惑星帯に入りました。 アストロアーツ
 予定では、2011年8月にまず最初の目的地である小惑星Vestaに到着し、その後2015年2月には「準惑星」に昇格したCeresに到着します。一つの探査機が複数の惑星を観測したミッションは、Voyagerなどこれまでもありましたが、Dawnは最初の目的地Vestaにある程度滞在してからそこを「離陸」して次の目的地に向かうという初めての探査機です。これはVestaの重力が十分小さいために出きるミッションであり、通常の惑星では探査機のエンジン程度の出力でその重力圏から脱出するのは困難です。

 一方、日本の小惑星探査機「はやぶさ」ですが、再三の故障にも関わらず、現在も地球帰還の可能性を残して飛行中です。アストロアーツ1 アストロアーツ2
四機のイオンエンジンが次々と故障を起こし、これまでも予定を大きく変更して綱渡り的な手法で帰還を目指していましたが、今月初めに最後のエンジンも故障して、もはやこれまでと思われました。しかしもっと以前にトラブルを起こして停止していた二つのエンジンを組み合わせて、再び帰還ミッションを続行中です。この探査機に関しては、以前にやや批判的な記事を書いたのですが、ここまで来るとなんとか最後まで頑張って地球帰還を果たしてほしいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク