FC2ブログ

トリポッド 1 襲来 (ジョン・クリストファー著:ハヤカワ文庫SF)

 以前から他の方のブログで気になっていたジュブナイルSF作品で、今回図書館で借りて読んでみました。元々のトリポッドシリーズは異星からの侵略者によって支配された地球を描いた作品として1967-68に発表された三部作なのですが、その前日譚として1988年に新たに発表されたのが、今回紹介する「襲来」です。ジョン・クリストファーは1922年生まれの英国SF作家で、当初は「トリフィド時代」等で有名な同じ英国SF作家のジョン・ウィンダムと共にアポカリプス系本格SFの騎手と目されていましたが、現在ではこの「トリポッドシリーズ」を始めとするジュブナイルSF作家として知られています。
 おそらく1970年代の地球の米国・ソ連・英国にそれぞれ現れた三機のトリポッドは、通常兵器によってあっさり破壊され重大な脅威とはみなされなかったものの、実はその後の巧妙な侵略の前触れにすぎなかったという展開は、三本足歩行の巨大機械であるトリポッドの姿から容易に連想されるH.G.ウェルズの「宇宙戦争」のオマージュであるのはもちろんですが、おそらく最初のトリポッドは偵察にすぎず、それらが集めたデータを利用した洗脳によって本格的な侵略が行われるというのは、20世紀当初の古典SFでの武力侵略をより現代化したものです。単純な武力によるものではないこの巧妙な侵略に有効な手を打てずに、地球文明はあっさりと崩壊し、人々はトリポッドを崇める奴隷と化していきます。
 物語はすべて主人公の少年の視点で描かれているため、事態の進行に対して各国政府がどのような対抗手段を取ったのかははっきりとしません。おそらく多くの国はトリポッド信者を巻き込んで(しかも直接的な攻撃をしてこない)トリポッドを破壊する事を躊躇するうちに、政府要人や軍隊自体が洗脳されて支配下に下ったのでしょう。スイスのみが当初の洗脳を免れた理由は、国民の元々の排他性によるものという事なのかもしれませんが、本当の処は不明です。しかしそれもトリポッドに支配された周辺国の攻撃によって、結局はトリポッド支配下に下る事になり、トリポッドが入れない高山地帯であるアルプスの一部のみが、地球人のレジスタンスの支配域として残されて、この前日譚は幕を閉じています。
 武力ではなく洗脳による侵略という展開は、侵略者の立場から見たときに原住民を奴隷労働者として使えるという点でより優れており、ある意味現実的と思われます。俗悪でけばけばしいTV番組による洗脳という手段は、作品が描かれた時代を反映していて、現在なら当然ネット上のフェイクニュースが使われるでしょう。一方で、最初の偵察トリポッドが通常兵器で簡単に破壊されたとは言え、各国がその後の侵略に無防備すぎるように見えるのは、少年目線でしか事態が見えていないからでしょうが、やや不満が残ります。
スポンサーサイト



テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク