FC2ブログ

Doctor Who #18 "The Girl in the Fireplace" (暖炉の少女)

 新年最初の今回から、放送時間が一時間遅くなりました。それはともかく、今回の主役であるポンパドール夫人、もちろんルイ15世の愛人の一人として名前は知っていましたが、実際に今回描かれ、またドクターが語っていたような才色兼備の偉大な女性だったんでしょうか?少女時代の描写からすると裕福な貴族の出身のようで、街娼から身を起こしたという、ルイ15世晩年の愛人デュ・バリー夫人とは好対照に見えます。
 「次の愛人の座を狙っている」というドクターの説明に対しての「カミーラね」というローズの言葉、迂闊にもにゅげさんの記事を読むまで意味が判っていませんでした。なるほど、ダイアナ妃を悩ましたチャールズ皇太子の愛人(現在は夫人)カミラさんでしたか。この発言を堂々と放送してしまうのはさすがBBC です。しかしこうなると、美化されたポンパドール夫人がこのシリーズに唐突に登場した意図を勘ぐってしまいます。
 それから今回は笑いどころが色々ありました。まず「どこでもドア」、微妙に言い回しが変えてあったのですが、そのままの名称では問題があるという事なのかな。相手の頭に両手を当てての精神融合はSTネタそのものですね。可笑しかったのは、ネクタイ鉢巻姿のドクターです。漫画では酔っ払いオヤジの定番ポーズですが、イギリスでも同じなんでしょうか。それから白馬に乗って堂々登場のドクターはこれも定番なんでしょうが、あの白馬は何でマダム・ド・ポンパドール号に居たんでしょうかね。
 余りにもアナクロな歯車仕掛けの修理ドロイドでしたが、考えてみるとブリキ犬K9も、51世紀の最先端の流行とドクターは言っていましたよね。この時代は、そういったアナクロ作品が流行しているのかな。しかし、ドロイドの襲撃シーン、冷静に考えるとポンパドール夫人とルイ15世以外は、それほどパニックになる必要もない気がします。多分誰も殺されていない訳ですよね。
 もう一つ、もしかすると伏線かなと思ったのは、ダンスを誘ったポンパドール夫人にドクターが「踊れない」と答えた場面です。確か以前にも、ダンスを踊れないという台詞がありましたよね。
注記1:この記事は、Internet Archiveの旧ブログキャッシュからコピーしたものです。そのため、記事のリンクが切れており、つじつまの合わない記載があります。(2020/02/08)

注記2:旧ブログ記事のコメントを、ここに掲載しておきます。

「踊れない」はエクルストン編の「ドクターは踊る」に引っ掛けて。脚本家が同じ人です^-^

>カーミラ
なる。そういうことか!

Gumby
2007/01/11 01:30

X^2さん、ごきげんよ~。
>迂闊にもにゅげさんの記事を読むまで
いや、分かんないですよ。儂も間違ってて、イギリス人特有のジョークかもしれないですよw

>どこでもドア
そうでしたよね~。
あんなに便利機能が付いているのに、ドロイドさん達ってば、やることが旧式なんだからw

>ネクタイ鉢巻姿のドクター
世界共通なんですかねw
かなり笑いました。

>ポンパドール夫人とルイ15世以外は、それほどパニックになる必要もない
それを言ったらドラマが進みませんw

にゅげ
2007/01/11 12:06

Gumbyさん、にゅげさん、
やはりカミーラはカミラなんだと思いますよ。それでぴったりつじつまが合いますから。「カミーラ」と吹き替えたのは、どこでもドアならぬ「どこだってドア」同様に、NHKの姑息な自主規制かな、と思います。

X^2
2007/01/11 19:45

あのあとWIKIPEDIAを読んだり、コメントを頂いたりして知ったのですが、ポンパドール夫人役のSophia Mylesさんはドクター役のDavid Tennanhtさんのガールフレンドなのだそうです。それでドクターのロマンス物語になったのでしょうか。

>ネクタイ鉢巻姿のドクターです
このシーンとドロイドが短距離テレポートするポーズがウルトラマンが光線を出すシーンに見えたりして、「どこだってドア」が登場したりと今回は日本ネタが満載なのか、と思えてしかたなかったです。

モリー
2007/01/13 16:21

> ポンパドール夫人役のSophia Mylesさんはドクター役のDavid Tennanhtさんのガールフレンド
なるほど、あのキスシーンは演技だけじゃなかったわけですか。
日本のマンガは世界中で読まれているので、「酔っ払いおやじ=ネクタイ鉢巻」といったマンガに登場する記号的表現は世界標準なのかもしれないですね。

X^2
2007/01/13 18:12

こんばんは!
「カミーラ」気づきませんでした。あのお方のことなんですね、なるほどです。
ドクターのネクタイ鉢巻き姿には私もX^2さんと同じことを思ったみたいでなんだかすごく嬉しくなりました。イギリスでは日本のコミックが人気あるらしいと聞きましたがそこから取ったのでしょうかね?
>白馬は何でマダム・ド・ポンパドール号に居たんでしょうかね。
これはヴェルサイユ宮殿に白馬の騎士としてドクターを登場させる為の無理やりなこじつけではないでしょうか?あのシーンは女性ファンを増やしたのではないでしょうかね。

りり・か
2007/01/13 20:52

りり・かさん、
考えてみると、「王女様の危機を救う白馬に乗った王子様」というのも、ベタなコミックじみてませんか?そう考えると、今回の話は丸ごと日本のコミックのパロディのようにも感じられますね。

X^2
2007/01/13 22:55
スポンサーサイト



テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク