狂った致死率 (トマス・L・ダン著:ハヤカワ文庫NV)

 かなり以前に読んだ本で、数年前の時点では「感染症の世界的大流行(パンデミック)によるパニック」というテーマが(その当時の)今日的だったのですが、米トランプ政権が発足して二週間という現時点ではむしろ、「妄想に取りつかれた超大国の大統領による核戦争の危機」という方がより今日的です。この作品はどう見てもSFに分類されるべき内容なのに、どういう訳かハヤカワ文庫ではSFではなく一般小説(NV)に分類されています。正直なところ、SFの定義自体がきわめて曖昧であるという点を考慮しても、ハヤカワ文庫のSF, FT, NV等の分類基準には首をかしげる点が多いです。
 本来伝染病ではないはずの癌の発生率が西側世界で異常に上昇し、統計操作までしてその事実を隠そうとする米厚生当局vs民間科学者との攻防という序盤の展開が、すでにトランプ政権の「もう一つの事実」を思わせますが、西側諸国での癌の大流行が明らかになってからが本物の政治的危機となります。元々はテレビの売れっ子だったタレント教授であり、その任に堪える能力がなかったのにメディアによってその地位に押し上げられた米国大統領は、この未曾有の危機に愛娘の癌発病という個人的試練も重なり、段々と妄想に囚われていきます。その結果、米国での癌の大流行がソ連による生物兵器攻撃によると断定して核による報復への道を突き進んでいくという展開は、もしかするとトランプ政権下の米国の近未来を描いているようにも思えてきて、所詮SF小説で現実とは違うとばかりは言っていられなくなります。少なくとも、就任後わずか二週間程度で国内外をここまで大混乱に陥れたトランプ大統領が、あと四年間その職を続けてまったく想定できないような事態に直面したとき何が起こりうるのか、という問への一つの答えがこの小説に描かれているように思えてなりません。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

ドニャ・ペルフェクタ -- 完璧な婦人 (ベニート・ペレス=ガルドス著:現代企画室)

 ベニート・ペレス=ガルドス(Benito Perez Galdos)は19世紀から20世紀初めにかけて活躍したスペインの国民的作家で、スペイン国内では歴史小説シリーズ「国史挿話」が最も有名ですが、他にも当時のスペイン社会をリアルに描いた多くの小説や劇作を書いており、ここで紹介する「ドニャ・ペルフェクタ」もその一つです。今回はGreenさんによるこちらの記事で興味を持って読んでみました。翻訳者の大楠栄三氏によるかなり長い年表と解説が巻末にあり、著者ペレス=ガルドスの生涯や彼の作品が同時代あるいは現在のスペインにおいてどのように読まれ評価されているのかが詳しく解ります。なお彼の作品のいくつかは同国人ルイス・ブニュエルによって映画化されていて、以前に紹介した「ナサリン」もその一つでした。
 一見すると、開明的な主人公ペペ・レイと叔母ドニャ・ペルフェクタを筆頭とする旧弊なオルバホッサ社交界との対立とその結果の悲劇と見えるこの作品ですが、実際にはそう単純ではありません。進歩思想を徹底的に敵視してペペ・レイに対して陰謀をめぐらすペルフェクタばかりではなく、ペペ・レイの方もまた解説にあるスペイン人特有の「情念」に囚われており、いわば情念同士の対立によって事態はどんどんと悪化して破滅的結果へと導かれていきます。ペルフェクタを筆頭とするオルバホッサ社交界の偽善的な悪どさは明らかですが、ペペ・レイも考えなしに思った事を口に出して相手を不快にさせる人物であり、さらにはロサリオへの情熱に駆られ周囲を巻き込んでの暴走によりオルバホッサと政府軍との戦闘を招いてしまうなど、かなり迷惑な人物です。そもそもかなり近い身内である甥のペペ。レイにペルフェクタが敵意を持ったのも、彼が無思慮にオルバホッサをこき下ろしたのが元々の原因であり、そう考えると彼の運命もいわば自業自得な面があります。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

2015年学習到達度調査(PISA)と日本の生徒の読解力低下

 今月初めに発表された2015年学習到達度調査(PISA)の結果において、日本人生徒の読解力の平均点が大きく下がり、各国別での順位も落としました。これに関して専門家の分析がいくつか出ていますが、私がなるほどと思ったのは、国立情報学研究所の新井紀子教授によるものでした。新井教授は、一つ前の記事にある「東ロボ君」の開発過程で日本の中高生の読解力に関して独自の調査を行っており、その結果として教科書レベルの文章が理解できない生徒がかなりいるようだと述べています。
国際学力テスト:語彙不足に警鐘 読解力低下で専門家
以下が毎日の記事にある調査例の問題ですが、「男性」や「女性」という回答が半分以上出るのは確かに危機的状況かもしれません。「女性」の選択が一番多い事から想像すると、単に「愛称」という言葉の意味を知らないだけではなく文章自体がまったく理解できず、問われている「Alexandraの愛称」と本文中で一致している部分の直前から「女性」を拾っているだけではないでしょうか?とすると、東ロボ君を始めとする「人工知能」が文章題に回答するアルゴリズムである「パターンマッチング」をより悪い精度でしか行えないのが多くの中学生・高校生であり、それだからこそ彼らは東ロボ君に劣っているという納得の行く結論にたどり着きます。

Alexは男性にも女性にも使われる名前で、女性の名Alexandraの愛称であるが、男性の名Alexanderの愛称でもある。
 この文脈において、以下の文中の空欄にあてはまる最も適当なものを選択肢のうちから一つ選びなさい。
 Alexandraの愛称は(  )である。

  中学生の解答
(1)Alex(正答)    38%
(2)Alexander    11%
(3)男性        12%
(4)女性        39%

続きを読む»

東ロボ君と人工無脳

 人工知能として東大入試の突破を目指していた「東ロボ君」ですが、昨年の段階で私立大学の8割には合格できるレベルにまで到達したものの今年の成績はむしろ伸び悩み、東大合格という当初の目的は達成できないと結論されて計画終了となりました。実は、東ロボ君が試験に回答している方法を見てみると、その実態は通常考えられている「人工知能」とは遠く、むしろ「人工無脳」に近いもののように私には思われます。

続きを読む»

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

ヨーロッパ・ロシア共同の火星探査ミッションExo Mars

 ヨーロッパ・ロシア共同の火星探査ミッションExoMarsによる着陸実証機Schiaparelli(スキアパレッリ)が着陸直前に消息を絶ち、どうやら着陸前にエンジン噴射が止まって墜落した模様です。
着陸実証機「スキアパレッリ」は火星に激突の可能性
ExoMarsミッションは2016年3月14日に打ち上げられた微量ガス周回探査機(Trace Gas Orbiter; TGO)と着陸実証機Schiaparelli、そして2018年打ち上げ予定の探査車の3つで構成されており、火星の大気を調べて現在の火星で地質学的、生物学的な活動が起こっているかどうかを調べるのが目的です。
欧・露の探査ミッション「エクソマーズ」が火星に向け出発
今回失敗したSchiaparelliの主な目的は将来のミッションに向けての大気突入、下降、着陸技術の実証で、着陸後には短期間ながら表面での環境調査を行う予定でしたが、全て水泡に帰しました。改めて惑星探査の困難さと、はるかに遠い冥王星でも正確に作動する探査機を運用したNASAの技術力のすごさを再認識しました。尤も、火星周回軌道上のTGOの方は特に問題なく作動しているようなので、こちらのミッションで予定以上の成果を出してほしいものです。

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

X^2

Author:X^2
このブログは、旧ブログ
Babylon5以外のメモ
からの移転先として立ち上げました
。連動するホームページである
Babylon5 Episode Guide
にもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク